【第一章 ずっと好きなもの:4】おこづかいで買ったルーマニアのティーポット

f0061634_13194145.jpg


デパートに行ったら一階のコスメ売り場にも二、三階のヤングファッション売り場にも目もくれず、真っ先に向かうは上層階リビングフロアの食器売り場というのが、少女時代のマイデパートコースでした。中でもお気に入りは新宿高島屋で、広い売り場をぐるぐると何時間でも飽きずに眺めては、時に職人さんの実演販売に見入っていました。そんなデパートライフで、どうしても欲しかったのがこのルーマニアのティーポットです。立体的なバラのつまみと陶器なのにねじって本物のツタのように取り付けてある持ち手、温かみのある絵付けに魅了され、何度も見に通いました。念願叶って手に入れた時は、本当に嬉しかったものです。お湯で温めたポットに、鍋で作ったミルクティーを入れて自室で優雅なティータイムを演出するのが、お気に入りのガーリータイムでした。当時の私のおこづかいで買えるくらいなので、べらぼうに高いものではないと思いますし、今改めて見るとデコラティブでいかにも貴族趣味という感じもしますが、実物は本当にちんまりと可愛らしく、シンプルな白いカップに合わせたら大人のティータイムのテーブルに咲く可憐な一輪の花のようです。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2014-07-13 13:20 | 自分整理術

【第一章 ずっと好きなもの:3】通勤には単行本の入るバッグが必須

f0061634_1234960.jpg


このシンシア・ローリーの山羊革のバッグは、祖母から就職祝いにともらった商品券で、自分でデパートで買ったもの。使い始めて7年目になります。つくりが丈夫で上品なデザインと、エナメル加工と金の金具のかもし出す溌剌さのバランスが気に入っています。なかなか他のバッグに乗り換えられない理由は、その収納力の高さ! バッグの中は二つに仕切られていて、片方にお財布やポーチなどころんと丸いもの、片方に本や手帳などの四角くて薄いもの、と線引きして入れておけますし、内ポケット2つとファスナーポケット1つの配分は、定期券・携帯電話・鍵の3アイテムがぴったり収まります。小脇に抱える大きさなのに、見た目以上に入ってしまい、さらには最近はもう革がくたくたに柔らかく、入れようと思えばいくらでも物が入るので怖いくらいです。通勤時は軽い文庫本を持ち歩いていた時期もありましたが、それだとどうしても読むものがちょっと昔のものばかりになってしまい、読書で刺激が欲しい気分の時には物足りません。新刊の単行本なら、フレッシュにがつがつ読めますし、多少疲れていても文字が大きいので読みやすい。入れてみたら入ってしまった、そんな風情の小さい鞄から、本を取り出して読む時間が大切な自分の時間です。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2014-07-13 12:35 | 自分整理術

【第一章 ずっと好きなもの:2】海外文学はお気に入りのレーベルを見つけて

f0061634_11543182.jpg


カナダからアフリカまで……今この瞬間も、世界中で新しい才能が発掘され、巨匠の新刊が出版されているはずです。でも、作家の情報や評判をダイレクトに手に入れるのはなかなか難しい。だからこそ海外文学を読もうと思ったら、自分のお気に入りのレーベルを見つけることが、最初のステップでありなによりも大切なことだと思います。私自身は中学生の頃、「ヴィレッジブックス」を愛読していました。『お菓子探偵ハンナ』や『ブリジットジョーンズの日記』などのシリーズものから、映画の原作小説、イーサン・ホークの自伝的小説ありとエンターテイメント要素の強いこのレーベルが大好きで、通学電車の中で日々読書に励んだものです。ハヤカワepi文庫の「ハヤカワepi文庫は、すぐれた文芸の発信源(epicentre)です」という宣言にも心ときめきました。高校生に上がると、文芸モノにシフトし「新潮クレスト・ブックス」を読むようになりました。このレーベルは今でも離れず愛読していて、アリス・マンロー、アリステア・マクラウドといったカナダの小説家を教えてくれましたし、ジュンパ・ラヒリ、ミランダ・ジュライなど、こちらの虚をつくような鮮やかな転回をみせる小説で、就寝前のベッドでの読書の時間を心許ないけど幸福な夜にしてくれる、そんな作家を数多く抱えています。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2014-07-13 11:55 | 自分整理術

【はじめに】自分整理術―好きなものを100に絞ってみる―

f0061634_650362.jpg



2014年5月に出版された『「自分」整理術』(山崎まどか著、講談社)は、ワードローブの中身を整理するように、無条件で好きなものをまずは百項目、挙げてみて、自分のうちを整理してみましょうと提案した本です。本の中では、好きなものを百選んだら、「それを五つの項目に分けます」という指示があります。
「ずっと好きなもの」はあなたが本来持っている個性を、「新しく好きになったもの」は自分が成長している方向性を、「キラキラしたもの」は変わらない少女の心を、「憧れを含んだもの」は自分が進むべき理想の姿を、実用的な「定番のもの」は大人としての価値観を教えてくれるはずです。
この本に影響を受けて、私も”私の『「自分」整理術』“をやってみようと思い立ちました。山崎まどか先生のフォーマットに従って、順番に書いていこうと思っています。百並べた時に、どんなスタイルが見えてくるのか、とても楽しみです。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2014-07-10 06:53 | 自分整理術

【第一章 ずっと好きなもの】1.私は根津華子に永遠に焦がれている

f0061634_22241243.jpg

江國香織先生の小説『落下する夕方』の登場人物・根津華子は、私にとって恋焦がれながらも永遠に手に入らないものの象徴のようなものです。華子は、主人公含め小説の登場人物全員を魅了しておきながら、自分はどこ吹く風でふらふらし、27歳で自殺をしてしまいます。そんな華子に、中学生の頃から、華子の年齢を通り越して28歳になった今の今まで私は憧れ続けてきました。
華子は赤いダナキャランのセーターを着ていつもごろごろと眠ってばかりで、「だっていっぱい入ってるんだもの」と天ぷらそばも途中で投げ出してしまうくらい極端に食が細い。少年のように細長い色気のない足に、作りもののような小さな口。計りに載せたように正確な重量で響く「おかえりなさい」を言うことができ、主人公の梨果(華子に8年同棲していた恋人の健吾をとられました)と一緒に暮らしています。話の筋はだいたいこんなところです。もしも、現実に華子が存在したなら、本当にひれ伏してしまうほどの不思議な魅力を持っていることは、この小説を読んだ誰しもが認めることでしょう。さて、私も華子の真似をしてヘチマコロンを一瓶買い、それだけで顔のお手入れ全部を済ませようとしたこともありました。これからも根津華子に憧れて、赤いセーターを買ったりするかもしれません。





[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2014-07-06 22:25 | 自分整理術

2008年10月4日(土)

午後、国立新美術館で「エモーショナル・ドローイング」展を二度目の鑑賞。
私は特に辻直之のアニメーション作品が気に入っていて、それをもう一度見れて良かった。

久しぶりに会う友人だったのに、私が遅刻してしまいお茶の時間も取れず、残念。ごめんね。
途中で、「エモーショナル・ドローイングって、美術用語では身体とか臓器を含むような言葉なの?」と聞かれたが、「私も分からないけど、違うと思う」と答えた。
そう、エモーショナルと言われた時、
それは身体的で直接的なものが多かった。

その後、別の人と森美術館の「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」展へ。
これ、広告だとあまりおもしろそうに見えないんですけど、展覧会はとても動的(まさにキッチュでエモーショナル)で、私はすごくおもしろかったので機会があれば行った方がいいです。11月3日(月)まで。

アネット・メサジェも身体への深い関心から創作を行う作家。
途中、同行者に「戦争映画をふたつ見るより、身体的な展覧会をふたつ見るほうがよけいに疲れる。より、自分に近いから。」ともらすほどかなり消耗。

展覧会の中のCASINOという作品に関するインタビューで、
私は感動したのでメモをした。

これはピノキオの物語をもとにした作品で、ギャンブラー→出産→トランポリンの三つの場面で作品が構成されている。(実際の森美術館の展示ではすべては展示されていません)

「唯一無二の人間になりたいと願ったピノッキオはトランポリンの部屋で、いずれ死ぬ私たちのようになります。ハイスピードで衝突する機械に乗せられた気楽な一生のようでいて人生のさまざまな要素(ちょっと聞き取り曖昧)につきあげられます。」


ぐったりとした私は同行者がヨドバシカメラと世界堂に行くというので、新宿のベローチェで待たせてもらうことに。
その後、身体的なものについて少しおはなし。
例えば
エルネスト・ネト→触覚
ピピロッティ・リスト→視覚
あとは、マシュー・バーニーなんかはまさに医学出身だということ。

Memo:
[欲しい]Annette Messager"the Messengers" PRESTEL刊
[エモーショナル・ドローイング出品作家]レイコイケムラ、アマル・ケナウィ、アヴィシュ・ケブレザデ、キム・ジュンウク、ホセ・レガスピ、ナリニ・マラニ、奈良美智、ジュリアオ&マニュエル・オカンポ、S.テディ D.、坂上チユキ、ピナリー・サンピタック、ミトゥ・セン、アディティ・シン、シュシ・スライマン、辻直之、ウゴ・ウントロ
[MAM PROJECTS 008]荒木 珠奈(ARAKI TAMANA)

「私たちと同じようにいずれ死ぬ」ではなく、「いずれ死ぬ私たちのように」と表現するほうが、「ハイスピードで衝突する機械に乗せられた気楽な一生」を生きてる感じがする。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2008-10-05 05:22 | アート

最近購入した本たち(洋書)

10月1日からジュンク堂新宿店の洋書コーナーが半額セールだという広告を電車内で見つけ、会社帰りに早速いってきました。

買ったのはこのふたつ
ピピロッティ・リストのピンクの本
f0061634_124641.jpg


ヘレン・ファン・ミーネの写真集「New Work」
f0061634_1247131.jpg


ヘレン・ファン・ミーネについては、パリの写真美術館で見て以前このブログにも書いて(このエントリ)ずっとずっと欲しかったので、すごく嬉しい。帰って早速、ビニールをびりびりやぶって、見た。

TOKYOの女の子をうつした本を読む東京の女の子。
f0061634_1251664.jpg


「ポートレート、それはもうすでにあなたではない。
私の中に、その人を見る視線はすでに内包されているのだ」

だとしたら私はあの子で、私を見てるのはヘレン?


追記:
そうだ、密かにmercitokyo.net
をオープンさせています。
まだ何もないけど、これから増えるかも?

とりあえず、私は東京の女の子で
TOKYOが好きな女の子です。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2008-10-02 12:56 | アート

金井美恵子読書会

友人に誘われて、気軽な読書会?に行ってきました。
課題図書は金井美恵子「愛の生活/森のメリュジーヌ」、初期の短編集です。
f0061634_1433531.jpg


私にとっても、気になってはいたけれども読んだことのない作家だったので、とても楽しかった。以下、会話の中にあがった言葉をちょっとメモ。

小説の中の固有名詞について、古びる小説と古びないものがある?/森茉莉「甘い蜜の部屋」/現代なら川上未映子か?/女の人の自意識の流れ/植物、生理とか/矢上澄子/長野まゆみ/河野多恵子/川上弘美の植物の名前について/多和田葉子/星野智幸「植物診断室」/尾崎翠/小川軒のレーズンサンド/太宰「女生徒」/中上健次との対談/藤本 由香里「私の居場所はどこにあるの? 少女マンガが映す心のかたち」/山田詠美「色彩の息子」

終わってから、彼氏と夕食を食べて今日の報告をした。
「この本の中では、女の人の方が男の人より成熟している」のだと。

<わたしはあなたの前からいなくならないわ。あなたがわたしの全てを知ろうとしないかぎり、わたしたちは一緒よ。いつも、いつも、永遠に二人だわ>
<あなたの全てを、ぼくは知りたい。どうして知ろうとしてはいけないのです?>
(同書 「森のメリュジーヌ」p147より」

でも「私はあなたの全てを知りたいよ」
そう言ったそばから、川上未映子の「告白室の保存」のように執拗な追求をしたい気持ちを、鎮める。誰も自分の全ても誰かの全ても知り尽くすことができないし、そして「知れない」ということすら「知ることができない」こともある。「知る」というのは永遠に尽きない問題だということ。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2008-09-18 14:51 | 文芸

百年のスタッフ募集の質問

吉祥寺のOLD & NEW BOOKS書店「百年」でスタッフを募集しているみたいです。
私は応募しないかと思いますが、
応募方法が、履歴書とは別に下記の質問に答えたものを添付してください。(紙はなんでもいいです)とのことで、その質問にただ答えたいと思ったので書きます。

・今まで読んだ本で影響を受けた本とその理由
■レイモン ラディゲ「肉体の悪魔」
 ラディゲだけでなく、フランス文学全体に共通する、いったいどこまですくいあげるのだというような心理描写の連続。それこそが文学、それこそが恋愛と思っていた時期もありました笑。ただ、最近の某人のおことば「恋愛は考えすぎるな、セックスだけしてればいいんだよ」、むずかしいです。

・最近読んでおもしろかった本3冊とその理由
読みにくいのにおもしろい3冊を選びました
■長野まゆみ『カルトローレ』
なぜにこんなに読みにくいのか。ひらがなの多用、だけど思考は易しくしてくれない。漢字で書けるところを、あえてひらがなで書くっていうのは、インターネット的だなって思ったからおもしろかった。

■nu
なんでこんなにおもしろいのか。
読み始めたらやめられなくなるので、時間と場所を考えなければいけない。
おもしろすぎて、つまり、読めない。

■ROCKS (SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS
たぶん明日、2号が発売。
大きい雑誌です。紙が薄いです。でも内容はとってもおもしろいです。
ベッドで寝っころがって読むとき、ページをしわにしないように
読まなければいけないので読みにくいです。
でも、そのまま寝落できないおもしろさなので、ちゃんと本棚に置いてから眠りにつけます。

・最近観た映画3本
最後に見た順番から(たぶん)
■崖の上のポニョ
■アフタースクール
■JUNO

・好きな本屋(古本屋でなくてもよい)とその理由
■昔のルミネ1に入っていた青山ブックセンター(今はブックファースト)
文庫本のコーナーが充実していて、当時高校生の私でも買えるかつわくわくする場所だった。少しマイナーな本でも面出しやポップをつけてくれていて、ほとんど私の高校生はここでできたといっても過言ではないくらい、たぶん毎日いたような気がする。

・百年のイメージ
入る時、ちょっと恥ずかしく会釈して、出る時もちょっと恥ずかしく会釈する。
なんかそれが面白いなって思う。

・百年でやってみたいイベント
堀江敏幸さんのトークショーなんかがあったら、行ってみたいな。
あとさりげにセレクトがドグラマグラ的なので、アングラ会とか。闇鍋するの。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2008-09-09 09:09 | 文芸

リクリット ティラバーニャ

オペラシティで、リクリットティラバーニャのタイ料理の本を買いました。
といっても、すごく昔の展覧会で2002年のもの。

これ、私が高校生の時に行ったたぶん初めての現代美術の展覧会で、
とにかくその時は謎に満ちあふれていると思ったのでした。
その、タイ料理のレシピ本(笑)がセールで出てたので、
忘れないようにと買いました。

f0061634_026584.jpg
f0061634_0271089.jpg


空芯菜炒めとか、普通においしそうなので作ろうと思います。
ただし、この写真は食品サンプル。


こういった、短いブログで徐々にリハビリしていこうと思います。
どうぞよろしくです。
[PR]
# by la-vie-a-tokyo | 2008-09-08 00:29 | アート


6年ぶりにブログ再開です。マイ『「自分」整理術』を書いていきます。秘書検定1級、ソムリエ協会No.20783。座右の銘「思考する者もいれば、行動する者もいると言うが、真の人間の条件とは、手で考えることだ」


by la-vie-a-tokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新のトラックバック

古川日出男さんの朗読映像..
from キアズマのブログ
読書感想文 東浩紀、桜坂..
from 沈黙のしのしのし
carson pirie..
from carson pirie s..
cigarette ne..
from cigarette newp..
ca carson es..
from ca carson esta..
royal carrib..
from royal carribia..
blood
from blood
spring break..
from spring break f..
pokemon crater
from pokemon crater
bird feeder ..
from bird feeder hu..

ファン

ブログジャンル

画像一覧